シュプリンゲンスキークラブ

早稲田大学公認のアルペンスキーサークル、シュプリンゲンスキークラブです!

野口改造計画

みなさん、リンゼイ・ボンジュール!
USAのレジェンドスキーヤー・リンゼイボンが今季限り引退だって。
ステンマルクの86勝まであと4勝。Lake Louiseでひとつは勝ちたいでしょうね。数多の怪我を乗り越えて何度も白いサーカスに戻ってくる彼女のスピリッツは本当に
素晴らしいですね。ぜひ記録更新してほしい!
そういえば、気が付いたら、ワールドカップのGS開幕戦までもう2週間くらい!
もう、もうこんな時期なんですね。J SPORTS契約しないとです。

さーて、シーズンに向けてアゲアゲの季節になってきましたね。シュプリンゲンのトレも後期は前期よりもいい雰囲気で出来ていると思います。


その前に、今日はトレ前に尹さんのファインプレーで「口だけ男」疑惑のあるおっさんこと野口にインターバルバイクをやらせることに成功したので、そのことを少し書くことにしましょう。

人に嫌なことをさせることに関して彼より上に立つ人間を22年間一度も見たことがないので、その点は素晴らしいと思いました。でも、今回は必ず野口の為になることなので、尹さんの特技が初めて役に立ったと思いました。野口には、ボンの100万分の1くらいでいいから不屈の闘志を持ってもらいたいものです。
野口はどうも無酸素パワーテストを行ったところ、ミドルパワーの値が5.1kpだったみたいで、その値に設定して初power-max.
まあ、初めては誰でもきついよね。だって慣れてきても地獄だもん笑
1回目はMAX138回転くらいから80くらい。2回目も同じくらい。3回目は60くらいまで落ちちゃった。最後のセットとか全然だったけど、‛永遠のラスト10秒’を体験出来てよかったと思う。

↑after power-max

さあ、ここからスタートだぜ。ちなみに、日本の女子選手とかも標高2800mの酸素濃度で5.1kp・10セットとか普通にやってるから、シフリン目指すなら通過点だよね。がんば!
もちろん僕もやったのですが、今日は応援してくれる人がいたのでいつもより良い値が出ました。でも、1回目にいつも145回転くらいなのが今日は159回転までいったので3回目にかなりやられてしまいましたね。今日はこの後トレなので2セット目はなし。
そうそう、ウジンさんもかなり頑張ってました。早く院試前の体力まで戻してくださいね。そして、ウジンさんは次の獲物を泉澤に定めたようで、彼の初power-maxも近いかも!


さあ、やっとトレについて書いていきましょう。

本日も、10人くらいの参加者。みんな後期意識高くなったのかな!(^^)! いいねぇ。

はじめは、もう言わなくても分かるよね。はい、アルティメット。なぜか今日は空が明るくて遅い時間でも見やすかった!

今日は珍しく「長田ニキ継承者」中曽根が来れなかったので残念。
それでもいつもより広くコートをとれたので楽しかったですね。個人的にはパスの精度が格段に低かったので大反省中。
本番、前日にしっかり練習しようっと。(全然反省してないやつ。)

次は、新メニュー!
マーカーをジグザグに並べて走るのと、マーカー、ミニコーンまっすぐ、マーカ―の順に走るのと。いつも思うけど、どうやったら的確に文章だけでトレの内容伝えられるんだろうね。


結構、いい感じのメニュー。
もっとシャープに走れるといいなあと思いました。


次はマーカーを正方形に並べて、片足になり指示されたマーカーをかがんで触るってやつ。
僕と啓和でマーカーに女優の名前つけて、それで「佐々木希ぃー!次ガッキーねぇ。」とか指示出してたので面白かった。
あとこれまあまあきつい。


最後にタバタ。
もう、タバタ式トレーニングの説明はいらないよね?
「20sやって10s休憩、これの繰り返し。」

詳しくは、「キラキラ」っていう題のブログ読んでね。こうすけ坂本出てくるから。


今回はランジ3セット。ミニコーン上ジャンプ3セット。ミニコーン足とんとん3セット。


タバタにしては、いまいちこなかった。だって明日、普通にジム行けそうだし。

野口・卓・遠藤・泉澤とか初めてやったと思うけど、けっこう頑張ってたと思う。
でも、本物タバタはこんなもんじゃないからな!(笑)
あと、女子のサリーもめっちゃ頑張ってた!男子と同じメニューこなしたもんね。明日バイトらしいけど響かないといいね。


最後ダウンして終わったたのなんと20:45!
頑張ったけど、遅くないか(笑)

皆お疲れさまでした!また火曜日がんばろう!

最後に、僕が最近YOUTUBEで観た、アルペンスキー感がほぼゼロだけどなんかかっこいい?アルペンスキーヤーが出ているタイヤメーカーのCMを載せておきます。
(一回ブログにYOUTUBE動画にのせてみたかっただけ。)



今シーズンは、安藤麻選手にはWCクオリファイだけとは言わず、さらにその上を行く活躍を期待したいですね。



いつでもpower-max ついでにいつも声量もmax!!
美崎